しつけは難しい。。。

アリスがうちへ来たのは、生後6ヶ月のとき。
仔犬にしては大きい月齢だったので、
想像どおりとはいえ、しつけが大変な毎日です。

甘えんぼのアリスは、すぐにじゃれついてきます。
手を甘噛みしたり、舐めたり、忙しい。
強く噛まないよう、何度も何度も
教えてはいるのだけれど・・・
今日も勢い余って、ついガブリと。

毎日のことだからこそ、
うつ病の身にはこたえます
私の言い方がダメなんじゃないか?
こんな私にしつけられて、アリスはかわいそう。
そんなうつ病独特の思考にとらわれて、
しつけを躊躇してしまう時もあるのです。

私の苦労をわかってくれる夫は、
気長にやろうね、といつも言ってくれます。
その言葉に支えられて、
なんとかかんとか乗り越えていく毎日。

ママの苦労をアリスがわかってくれるのはいつの日か。。。

画像

リードとハーネス購入。

8月生まれで、2月に我が家へ来たので
まだお散歩デビューしていないアリス。

そろそろ暖かくなってきたし、ということで
今日はリードとハーネスを買いに行ってきた。
が、吹雪のためにアリスはお留守番(^_^;)
夫と私で、どんな服を着ても似合いそうなデザインのものを
必死で選び抜き。
決めたのが、↓の商品の、ピンクとグレーのもの。

帰ってきて、さっそくの試着タイム!!
・・・を、したのですが。
初めて身に付けるハーネスがとても嫌いだったらしく。
写真を撮るのは不可能なくらい、
アリスは荒ぶってて大騒ぎに

寒くて外にも連れ出せないし、
アリスのお散歩姿のお披露目は
しばらく先になりそうです( ;∀;)



【SS05P02dec12】【RCP】メール便で送料無料【kafukafu】★ボーダーハーネスS
ペットの百貨店
フレンチテイストたっぷりのオリジナルの生地を使ったボーダーシリーズに、新色登場! カラーバリエーショ


楽天市場 by 【SS05P02dec12】【RCP】メール便で送料無料【kafukafu】★ボーダーハーネスS の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



うつ病をかかえて。

まだしつけのできていないアリスのお世話は大変です。
だけど、癒される時もあるからなんとかなってるのかも。

先月あたりから心身ともに疲れることが続いていて、
先週のバロンの死が決定打となり。
私は何日か泣き暮らしていました。

すると、泣いている私をじっと見つめるアリスと目が合って
とことこと私の前にやってきたのです。
もしかして、慰めようとしているのかも!?
そんな淡い期待を抱いて、私が顔をアリスに近づけると。
・・・鼻のあたまを、がぶり。
(注:甘噛みです)

どこまでも想像の上をいく、空気の読めないアリスなのでした

画像

お兄ちゃんにさよなら。

4月2日土曜の夜。
実家で飼っていたヨークシャテリアのバロンが他界しました。

バロンは私が初めて仔犬から育てた愛息子(詳細はコチラ)。
11歳という年齢でしたが、4ヶ月ほど前に糖尿病であることが発覚。
家族会議の結果、インスリン注射を家庭ではしない、という方針になり
少しずつ弱ってきていたのは知っていました。

亡くなる日の昼頃に母から電話があり、
私は最期を悟りました。
だけど、うつがひどくて4時間かけての長距離移動は不可能。
ひと目だけでも会いたかったけれど。
バロンと一緒にうつと向き合って生きてきて、
最期のときの再会さえもうつに阻まれて。
泣き崩れるより他に何もできませんでした。


バロンがいてくれたから。
私がバロンのママとして生きてきたから。
新しい家族を決めるとき、選ばれたのがアリスでした。
同じヨークシャテリアで、
バロンのように私を癒やすことを夫は期待して。
アリスは、私の二人目の子どもとして、
会ったことのないバロンお兄ちゃんの妹として、
娘になりました。

号泣する私を不安そうに見つめて、寄り添ってくれたアリス。
いつかバロンのように、
「私のかわいいお薬ちゃん」と呼べるほどおりこうになれるかな?
昨夜息を引き取ったお兄ちゃんは、きっと応援してくれるよ。

そして私は、バロンと一緒に歩んできた、うつと生きる長い道を。
これからは今の家族とともに、歩いていく。
天国のバロンに恥じることのないよう、しっかりと前を見つめて。

画像

やんちゃなわんこ。

アリスを初めてHPで見たとき、
「やんちゃな女のこ」と書かれていた。
私も夫も、臆病な性格よりは育てやすい、
と意見が一致していたのだけれど。

フタを開けてみれば、
「やんちゃ」という4文字を超越したレベルの元気娘。
とにかく走り回る。
どこにいてもまとわりついてくる。
遊んでも遊んでも、疲れて寝る、ということがない。

人間もわんこも、遊び疲れたら寝るんだと思ってた・・・
我が家へ来て1ヶ月以上経った今は、
放っておけば寝てくれることもあるけど。
基本的には、遊び疲れて眠くなったら
よりいっそう暴れるものだと思ってるらしい(-_-;)

いまだに、眠そうにウトウトした隙を狙って
私が添い寝して寝かしつけてるというやんちゃぶり。
それでもちょっと油断すると
「遊ぶ?」と首をかしげてくるアリスに、
今日もめろめろになっているのでした。

画像

アリスとお昼寝。

私は不眠気味で体力もないので、
午後からの昼寝がほぼ日課になっている。
以前は布団で寝ていたけど、
まだトイレを覚えていないアリスと寝るには
ラグの上で転がるしかない。

そんな寝心地のいいとは言えない昼寝だけれど、
最近はアリスがぴったりとくっついてくるので
幸せな一時と感じるようになった。

毎日それを繰り返しているうちに、
アリスは私のニオイが付いているものに
寄り添って眠るようになった。
今日のお昼寝アリス↓
画像


ピンクのは私の手編みのストール。
アリスのものになってしまいました(^_^;)
娘におさがり、ってことで、まぁいいか。

アリスの新しい家。

生後6ヶ月間をほぼケージの中で過ごしてきたと思われるアリス。
我が家に来て、
慣れるのは時間がかかるだろうという予想通りに。

最初の2日間は、丸くなって眠っていた。
3日目になってようやく、
足を横に投げ出して眠れるようになった。

自分の名前はまだうろ覚えでも。
アリスにとって、我が家が安心できる場所になってくれたのは
素直に喜ばしいことだった。

噛みグセ、トイレ、しつけ等々。
これから私のストレス度は上昇し、
疲れと幸せがいっぺんに増えていく日々のはじまり。
アリスの寝顔を見つめながら、
私はひそかに戦々恐々としていたのだった・・・。